2020年9月18日(金)「早朝の腹痛」【32日目】

2020年9月18日(金)「早朝の腹痛」【32日目】 リライフ日誌

なぜか朝5時に目覚める。

ヘソ下あたりの下腹部がやけに痛い。
冷えたのかなと思ったが痛みがひどいのでトイレへ。

なかなか「運個」が出ない。
自分は快便タイプでほとんど便秘にはなったことがないのですが断食で影響が出たのかと考える。

なんとか、「運個」を捻り出して布団に戻るが痛みがおさまらない・・やばい、病院に行かなきゃならないヤツかと不安になる。

寝れないのでスマホでいろいろ調べると「ガス溜まり腹痛」というのを見つける。これではないかと直感的に思った。自分は、非常におならが出やすい体質で朝方は非常にガスが出るのだ。

ガスの正体は「飲み込んだ空気」とも書いてある。もしかするとCPAPで空気を送り込んでるからかもしれない・・・。「うつぶせ寝」になると言うのが良いと言うのでうつ伏せになってガスを出すとだいぶ楽になる。
そのまま深い眠りに落ちてしまった。

朝起きると腹の痛みは嘘の様になくなっていたがカラダにあらゆる症状が現れる。

心臓に軽い痛み、肩痛、腰痛、手足の不快感、頭痛など・・昨日の昼間に調子が良かったのが嘘みたいに調子を崩してしまった。

妻が14時頃までに自宅で仕事だったので昼食につきあってパン屋まで行くが自分は「ソイラテ」のみで半断食を決行。

夜は、「ユニロイ」で初めて玄米を炊いてみる。

ユニロイで玄米を炊く

表面にポコポコと穴が空きは、非常に美味しく炊けました。
歯応えがありつつとても美味しく食べられたのでこれは、定番になるかも。

おかずは、「ヘルシオ」のメニューにあった「豚肉ときのこのしょうが焼き」を作りました。

豚肉ときのこのしょうが焼き

食後に体の症状が辛くて「好転反応」の情報を探してAmazonで色々サーチしていると不思議な書籍を発見。

Kindle出版で台湾の方がリリースした電子書籍なんですが「Amazon unlimited(読み放題)」対象書籍でなのでダウンロードして読んでみました。

その内容は驚くべきものでw拍打(パイダー)拉筋(ラージン)というマッサージとストレッチの方法が書かれていました。拍打(パイダー)とは、人間の体に流れる14の経絡をとにかく叩くというもの。

その叩き方が尋常じゃなくて、写真を見ると物凄いアザになっているw

叩いていると「糖と脂肪」が出やすいとのことだが「・・・そんなことあるのかなぁ」と思ったのですが実際叩いてみると気持ちいいし、簡単そうなストレッチも意外とできない。

「赤ちゃん」という名前のストレッチがあるのですが足が途中までしか曲がらずそのポーズができない。できない人は、腎臓が弱っているとあったので確かにそうかもしれません。

正直、最初は半信半疑でしたが不思議なことにこの書籍のノウハウを実際やってみると何か爽快感みたいなものがありました。効果の程はまだよくわかりませんが意外と面白い書籍を見つけたかもしれません。

関節を叩く&ストレッチなら、特にコストもかからないので取り入れてみようかと思っています。

朝から非常に調子が悪かったのですがこのノウハウをやると多少改善した気がしました。

朝食 : ブラックコーヒー(サイフォン)
昼食 : ソイラテ
夕食 :豚肉ときのこのしょうが焼き、みそ汁(まいたけ、ねぎ)、サラダ(ベビーリーフ、大根、きゅうり、トマト)

2020年9月18日の歩数: 6956歩

コメント

タイトルとURLをコピーしました